English site
庭火祭イメージ
トップ庭火祭とは過去のコンサート熊野大社について会場アクセス

2017年(平成29年) 第二十五回 庭火祭 国際民族音楽祭IN八雲

「かがり火とガムランの夕べ~ジャワの舞踊と影絵芝居」

日時:2017年9月9日(土) 午後7:00開演(2時間程度)

場所:熊野大社境内  雨天決行

入場料 無料(会場で寄付を受付)

(演奏中の写真・ビデオ撮影はご遠慮ください。

主催・問い合わせ 

熊野大社社務所内 庭火祭実行委員会 TEL 0852-54-0087

出演

ハナジョス、庭火祭ジャワ芸能団、しまねガムラン、熊野大社伶人

プログラム

  1. 庭火祭祭事 熊野大社八雲楽
  2. ジャワの古典舞踊 「ランバンサリ」
  3. ガムラン多重奏と即興舞踊 ハナジョス他
  4. ジャワの影絵芝居 「デウォ・ルチ」
  5. 騎馬舞いジャティラン

熊野大社の境内で行っている庭火祭は、境内に揺らめき、燃えさかるかがり火が浄夜を演出し、日本古来の「庭火」の雰囲気の中で、かがり火にふさわしい世界各国の民族音楽や舞踊を上演しようとするものです。今回は、コンサート「かがり火とジャワガムラン・影絵芝居の夕べ」を中心にし、あわせて、八雲小学校訪問等の国際交流事業を行います。

第二回庭火祭「かがり火とガムランの夕べ」の縁で地元にガムラン楽団が結成されて以来、長年にわたり、インドネシアのガムラン演奏家・舞踊家との交流を重ねてきた地元のガムラン楽団と、関西を中心に活動しているハナジョス、そしてインドネシア、ジョグジャカルタから招聘の先生方の三者による共同で、庭火祭25周年記念の特別公演を企画しました。三者が選曲・振付・演出にかかわり、海外での現地交流をしながら舞台を仕上げていく本格的なコラボレーションを予定しています。

出演者プロフィール

HANA★JOSS

ダラン(影絵師)ローフィット・イブラヒムと、佐々木宏実で2005年より大阪を拠点に結成。”ガムラン二重奏”や”2人ワヤン”というスタイルで2人がそれぞれたくさんの人形や、たくさんの楽器を演奏するとても珍しいグループ。2人だけでなく、3人4人5人・・ガムランフルセットの本格的な影絵芝居まで上演し、日本全国を巡回している。

庭火祭ジャワ芸能団、

来日ゲスト:ワヒュー・クリスナワティ(歌)、スマルヨノ(ダラン)

ジャワ舞踊: 岡戸香里、大石麻未、坂口裕美子、西岡美緒 

バリ舞踊: 嵐谷洋子

ガムラン演奏:アナント・ウィチャクソノ、岩本象一、西田有里

しまねガムラン: 1999年にガムランの愛好者が集まって結成。島根県松江市八雲町の山中にある古民家(ガムラン音楽堂)を本拠地にして活動している。

2016年の庭火祭のページを見る

過去のコンサート一覧を見る

 

Copyright 2007-2016 Niwabi-sai. All rights reserved.